給料の管理は嫁に任せるべき?

他人に自分の給料を管理させるのは少々ためらう部分もあります。
給料の管理方法は、家庭や収入金額によってさまざまです。

その中で最も重要なのは、
収入に対する支出をいかに止められるか、ということです。

どれだけ収入が多くても、相対して支出が多ければ何の意味もありません。
反対に、収入が少なくても
支出を減らすことができれば、余る金額は増えていきます。

専業主婦であればお金のことを考える時間も主婦業のひとつです。
少々の努力をしてでも支出を減らそうとしている奥さんには、
信頼を持って給料の管理を任せるべきです。
中には旦那の給料をあてにして、無駄遣いをしたり
家事の手抜きにお金をかけたりする主婦もいます。
そのような場合は、どれだけ収入を増やしても
支出も同じように増えてしまいますので、
管理方法を決めてからお金を渡す方法もあります。

生活費とお小遣いに分けるのではなく、
固定費と変動費に分けて渡します。
家賃や光熱費などは固定費に、食費や雑費などは変動費にして、
変動費の中で余ったものをお小遣いにするというものです。

嫁に任せる任せないを考えるよりも、
性格を見極めた上で任せる方法を決めることが大切です。

生活費のやりくり