給料のどれくらいが生活費がいい?

一人暮らしをする時に、
大切なことは自分の給料で生活費を出していきます。
その時に重要になるのが、家賃の割合が大きくなります。
家賃や光熱費、携帯、保険など毎月欠かさずに
絶対に必要になるものを固定費とします。

そのために、この固定費の金額で、暮らしかたも違いがでてきます。
一般的な家賃の目安は給料の約2割くらいが理想とされています。
つまり、手取りが20万円ならその2割は4万円になります。

地域で、家賃の金額に差はでますが
4万円では少し厳しいなら割合を2割5分にすると5万円となります。

この程度までの家賃なら生活費としては合格です。
そして、光熱費や携帯、保険は合わせて2万くらいにできるように節約します。
すると、残りが13万円になります。

ここから、3万円貯金しても生活費として10万円残ることになります。
一人暮らしなら、食費や雑費を入れても十分に暮らして行ける金額です。
余裕が出てきたら貯金額を増額することができます。

また、女性なら美容にお金を掛けたくなると思います。
一人暮らしの女性だと、
美容にたくさんお金をかける事は、なかなか難しいですよね。
そこでオススメなのが、ミュゼの夏割です。
ほんとうに驚きの値段ですので是非利用してみてください。

生活費のやりくり